学生ローンBIGは、学生キャッシングのBIGな情報をお届けする、学生ローンの総合ポータルです。

学生ローンBIG

学生ローンは高田馬場を発祥の地とした、学生専門の消費者金融である。学生ローンは一般的には会社員・公務員等の社会人には貸し付けを行っていない。
学生は勉学を本業とする身分故に、安定した収入がない。その為、学生がキャッシングできる貸金業者というのは国内では稀な存在である。
そのためか、需要と供給のバランスからすれば学生ローンは恵まれた業種かもしれない。
その理由として、現在では我が国に存在する消費者金融は、約1万社ほどである。貸金業者が飽和状態であるのだ。
それに対し、学生ローンは国内に15社ほどしかなく、全国の学生の割合からすれば需要の見込める消費者金融なのである。
余談だがほんの数年前までは、消費者金融会社はおよそ国内に4万社ほど存在した。
だが、貸金業法の改正による金利規制強化、過払い金返還請求等々、貸金業者の体力を奪う要因が次から次へと湧き上がり、僅か1~2年の間に3万社ほど減少したのだ。
それでも国内に1万社はまだまだ多いと言える。逆を言えば貸金業者からすると新規の顧客を獲得することが困難な状態とも言えるわけだ。
消費者からすれば1万社もの中から業者を選ぶともなると、どこに着眼して業者を選ぶかが目移りするところだ。このような状況では、小規模の消費者金融会社はさらに厳しい。経営状態が良くないから、広告宣伝費も抑えざるをえない。広告ができないから顧客が集まらない。このような悪循環を繰り返し、やがては倒産に至る貸金業者が急増しているわけだが・・
そのような厳しい現状のキャッシング業界であるが、学生ローンにおいては意外にも平穏な状況といえるかもしれない。しかし、国内に15社とはいえ、下位に位置する5~6社はやはり経営が難しくなることは必至だろう。おそらく上位5~6社は未来永劫に亘り安泰な日々が続くと思われるが、下位5~6社においては生き残りをかけた真に戦国の世を呈しているのである。
学生ローン上位5~6社は安泰と述べたが、これは何も学生ローンの専門店とは限らない。
学生ローンや消費者金融会社はアフリエイトの格好の対象であり、個人サイトオーナーが急増している。彼らはアフリエイターと呼ばれ、インターネットの広告収入で生計を立てる者や、会社勤めをしながら単に小遣い稼ぎの目的で運営する者もいる。
中でも会社組織で比較サイト等を運営する業者も現れ、学生ローンのライバルはもはや同業者というよりは、これらの比較サイトといっても過言ではない。
しかしながら、これらのものは一般ユーザーからすれば特に害となるものでもなく、むしろ一つのWebサイトで学生ローン数社を比較検討できる点は、ユーザービリティの意味からも有意義なものである。ただし弱点もある。健全な営業をしながら、起業以来数十年もの実績を誇る学生ローン会社が、インターネットの知識に乏しく、現在のデシダル戦略から遅れをとり、正当な評価を受けられずにいる学生ローンも存在する点だ。
こうした現実を踏まえ、学生ローンBIGでは学生ローンについての徹底解説と、膨大な情報の中に埋もれてしまっている貴重な情報を、厳選して紹介するものである。

▲このページのトップへ